1. ドコモ光のトップ
  2. ドコモ光情報コラム
  3. お得情報
  4. ドコモユーザーは【セット割・ずっとドコモ割】でいくら安くなる?徹底解説!

ドコモユーザーは【セット割・ずっとドコモ割】でいくら安くなる?徹底解説!

  • 2019.11.20 更新
  • お得情報
毎月ドコモご利用料金の10%還元
特別限定特典 開通工事完了までモバイルルーター無料レンタル開始
ドコモユーザーは【セット割・ずっとドコモ割】でいくら安くなる?徹底解説!

毎月、スマートフォン(以下スマホ)などの携帯電話料金やインターネット(以下ネット)の料金がどうしてこんなに高いんだろう?と思ったことありますよね。知らないうちに高い料金を支払っている方は多いのですが、実はもっとスマホの料金を安くすることができるのです!
今回はdocomo(以下ドコモ)ユーザーがスマホ料金を安く、お得に利用する方法をご紹介したいと思います。

毎月のスマホやネットの料金、高いとは思いませんか?

一般的に、スマホの月額利用平均は7,000〜9,000円、ネットの月額利用平均は3,000〜5,000円ほどといわれています。例えば4人家族の場合、一人8,000円のスマホ代に4,000円のネット代を足せば月額36,000円となり、1年で43万2,000円もの通信費がかかっている計算となります。
一方、単身者などは一人で平均月額12,000円の通信費となり、1年で約14万4,000円の支出になります。こうしてみると、月の料金はそこまでなくても、1年計算では非常に高い出費となってていることがお分かりになると思います。毎月発生する通信費に、これだけの費用がかかっているとなると「少しでも節約したい」と、考える方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ドコモ光ユーザー必見の節約情報や料金プランについて、メリットをご紹介していきます。

ドコモユーザーの場合、スマホだけ安くするのは難しい⁉

ドコモに限ったことではないのですが、auやソフトバンクといった、いわゆる携帯キャリア各社はスマホの料金だけを安くすることが難しいのが現状です。その反面、楽天モバイルやUQモバイル、Yモバイルといった格安SIMを使ったスマホなどは料金が安いとよくCMなどでもうたっています。
アフターサービスやショップの数などはドコモなど大手3社が有利なのですが、スマホの料金だけをみるとやはり格安スマホや格安SIMに軍配が上がります。しかし、やり方次第で、ドコモのスマホ料金を下げられる方法があるのです。
さて、その方法とはいったいどんな方法なのでしょうか? 例えばドコモユーザーであれば、スマホや携帯とネットを一緒に契約すれば、今よりも通信費が安くなる可能性が高いです。ドコモユーザーの方なら知っておいて損はないと思いますので、簡単にご説明したいと思います。

ネットとスマホを一緒に安くすれば、スマホ料金は安くできる

大手携帯キャリア会社は、「ドコモ光」や「SoftBank光」といった光コラボレーション(以下コラボ)を行っており、スマホとのセット割引きをおこなっています。もし、あなたがドコモのスマホを使っているのなら、ネットはドコモ光を選んだほうが断然にお得になります。ドコモ光では、「ドコモ光セット割」と称してドコモの月々のスマホ料金が安くなるサービスを提供しています。もしドコモのスマホを使っていて、スマホの料金を安くしたいなら、ぜひインターネット回線を「ドコモ光」にしましょう。

ドコモ光の料金プランを紹介

まず覚えておきたいのが、ドコモの料金プランはお住まいがマンション過去立てかで基本料金が変わってくるということです。ここでは、それぞれのプランの料金を表にまとめています。

戸建てプランの料金一覧

定額プラン 月額料金(2年契約) 月額料金(契約期間なし)
タイプA 5,200円 6,700円
タイプB 5,400円 6,900円
単独タイプ 5,000円 6,500円
ドコモ光ミニ 2,700円~5,700円 4,200円~7,200円

マンションプランの料金プラン

定額プラン 月額料金(2年契約) 月額料金(契約期間なし)
タイプA 4,000円 5,000円
タイプB 4,200円 5,200円
単独タイプ 3,800円 4,800円

タイプA・Bにはプロバイダ料金が含まれていますが、単独タイプおよびドコモ光はこれに別途プロバイダ契約が必要です。そしてドコモ光のプロバイダは料金プランごとにタイプA・タイプBと分かれています。月額料金の違い、グループ分けは以下のとおりです。

タイプA タイプB
マンション 4,000円 4,200円
戸建て 5,200円 5,400円

<プロバイダ:タイプA>
ドコモnet、ぷらら、ソネット、GMOとくとくBB、andline 、excite 、Tigers-net.com、U-Pa!、ビッグローブ、DTI、エディオンネット、シナプス、TIKITIKI、楽天、ネスク、01光コアラ、IC-net、hi-ho、スピーディア、@nifty

<プロバイダ:タイプB>
TCOM、OCN、nifty、TNC、AsahiNet、WAKWAK

ドコモ光のお申込みはこちら

ドコモ光が提供する「ドコモ光セット割」※1とは?

「ドコモ光セット割」はインターネット回線をドコモ光、携帯電話やスマホををNTT docomoでまとめると毎月のスマホの料⾦が月々100円~3,500円まで割引きされるという制度です。簡単に言い換えると携帯もネットもドコモでまとめると、セットで割引されるサービスというわけですね。割引金額も大きく、毎月3,500円、年間で42,000円が割り引かれるというのは相当お得ですよね。

詳しくはドコモ光申し込みサイトの「スマホとまとめてお得」ページをご覧ください▼

スマホとまとめてお得ページへ

※1「ドコモ光」の割引開始日および課金開始日は工事完了日からになります(新規・転用時 日割り)。

ドコモ光セット割の適用条件

「ドコモ光セット割引」を適用するには条件があります。みていきましょう。

基本的な条件

ドコモ光のセット割引を受けるには、対象プランでスマホを契約していることと、対象のネット回線を契約していることの両方の条件が揃う必要があります。スマホとネット、それぞれ対象となる契約は以下の通りです。
チェックして、自分のスマホプランが、割引の対象に当てはまっているか確認してみてくださいね。

スマホの契約

ドコモスマホの対象プランは以下のデータプランになります。

対象のプラン ドコモ光のセット割額
一人用 ウルトラデータLLパック(30GB) 1,100円
ウルトラデータLパック(20GB) 900円
データMパック(5GB) 800円
データSパック(2GB) 500円
らくらくパック(200MB) 500円
家族でパケットをシェアしている場合 ウルトラシェアパック100(100GB) 戸建て:3,200円

マンション:3,000円

ウルトラシェアパック50(50GB) 戸建て:2,500円

マンション:2,400円

ウルトラシェアパック15(15GB) 1,800円
ウルトラシェアパック10(10GB) 1,200円
ウルトラシェアパック5(5GB) 800円

ネット回線の契約

ネット回線はプロバイダによってタイプA、タイプB、それ以外のタイプCに分けられています。「ドコモ光セット割」の対象は次の通りです。

タイプ 対象のネット回線
A ・ドコモnet
・plala
・So-net
・GMOとくとくBB
・DTI
・Tigers-net.com
・BIGLOBE
・excite
・andline
・ic-net
・UPa!
・@nifty
・エディオンネット
・SYNAPSE
・TiKiTiKi
・楽天ブロードバンド
・hi-ho
・光コアラ
・ネスク
・SIS
B ・AsahiNet
・@TCOM
・TNC
・OCN
・WAKWAK
・@ちゃんぷるネット
単独 上記以外のプロバイダ

家族回線の注意点

「ドコモ光セット割」は、ドコモ光の契約に指定のパケットパックを契約している、ドコモの携帯やスマホを紐づけることで適用されます。ドコモ光に紐づけることができる、ドコモ携帯の契約は「ペア回線」と呼ばれ、ドコモ光1契約につき1つだけがペア回線にできます。
家族でパケットを分け合う場合は、親回線に対してのみ割引が適用されます。家族の携帯電話回線それぞれに、割引が適用されるわけではないので注意しましょう。

ドコモ光のお申込みサイト

「ギガホ」「ギガライト」をご契約の場合

2019年6月1日から新料金プラン「ギガホ / ギガライト」が始まりました。これは通話プラン(基本プラン)、インターネットの基本料金、データ容量プラン(パケットパック)の3つがセットになっています。
ここで注目したいのが、この「ギガホ / ギガライト」は「ファミリー割引」の対象となる点です。家族で利用した場合、「ギガホ / ギガライト」契約回線はそれぞれ月額料金から永年最大1,000円の割引が適用されます。割引の期限が決まっていないので、長期的に通信費を安く抑えることができます。

ギガホの特徴として毎月最大30GBまで速度制限なしかつ容量超過後も送受信最大1Mbpsの速度でデータ通信ができる大容量プランと通話基本プランがセットになっているという点でしょう。毎月7GB以上使用する方ならば、今ご利用中のプランよりも月額が安くなる可能性があります。また期間限定ではありますが2019年9月末までに「ギガホ」に申し込む事で無条件で「ギガホ割」の対象となり、6カ月間は毎月1,000円割引されるのもうれしいポイントです。

「ギガライト」は段階性のデータ容量プランと通話基本プランがセットになっており、あまりネットを使わない方におススメのプランです。

料金プラン ドコモ光セット割 ドコモ光セット割適用後 月額料金
※()内はドコモ光セット割適用前
1回線 2回線 3回線以上
ギガホ -1,000円 5,980円(6,980円) 5,480円
(6,480円)
4,980円
(5,980円)
ギガライト <ステップ4:~7GB> -1,000円 4,980円
(5,980円)
4,480円
(5,480円)
3,980円
(4,980円)
<ステップ3:~5GB> -1,000円 3,980円
(4,980円)
3,480円
(4,480円)
2,980円
(3,980円)
<ステップ2:~3GB> -500円 3,480円
(3,980円)
2,980円
(3,480円)
2,480円
(2,980円)
<ステップ1:~1GB> 2,980円 2,480円 1,980円
区分 プラン名(端末種類) 料金(2年契約の場合) 通話料
カケホーダイプラン
(音声有り)
カケホーダイプラン(スマホ/タブ) 2700円 国内通話カケホーダイ
カケホーダイプラン(ケータイ) 2200円
データプラン
(音声無し)
データプラン(スマホ/タブ) 1700円 設定なし
データプラン(ルーター) 1200円
デバイスプラス
(フォトパネルやゲーム機などのデバイス)
デバイスプラス500 500円
デバイスプラス300 300円
(2年契約なし)

さらにお得!「ずっとドコモ割プラス」

ドコモはスマホとのセット割に加えて、長期利用や高額利用者向けの割引もあります。それがドコモの「ずっとドコモ割プラス」です。自動で適用されるので、申し込みは不要です。
契約期間やdポイントの獲得数に応じて決まるdポイントクラブのステージに応じて料金の割引やdポイントが付与されます。例えばdポイントクラブが4thステージでウルトラシェアパック50を契約すると、毎月1,200円の割引もしくはdポイント1,440ptを受け取ることができます。ここではステージの分け方および月々のポイント贈呈数を見ていきましょう。

家族と分け合うなら

1st 2nd 3rd 4th プラチナ
ウルトラシェアパック100 1,200pt 1,440pt 2,160pt 3,000pt
ウルトラシェアパック50 960pt 1,200pt 1,440pt 2,160pt
ウルトラシェアパック30 720pt 960pt 1,200pt 1,440pt
ベーシックシェアパック(~30GB) 720pt 960pt 1,200pt 1,440pt
ベーシックシェアパック(~15GB) 720pt 960pt 1,200pt 1,440pt
ベーシックシェアパック(~10GB) 480pt 720pt 960pt 1,200pt
ベーシックシェアパック(~5GB) 120pt 240pt 720pt 1,080pt

一人でご利用なら

1st 2nd 3rd 4th プラチナ
ウルトラデータLLパック 240pt 480pt 720pt 960pt
ウルトラデータLパック 120pt 240pt 720pt 960pt
ベーシックパック(~20GB) 120pt 240pt 720pt 960pt
ベーシックパック(~5GB) 120pt 240pt 720pt 960pt
ベーシックパック(~3GB) 720pt
ベーシックパック(~1GB) 240pt
ケータイパック 最大360pt

ずっとドコモ割プラスの適用条件

「ずっとドコモ割プラス」には、特別な適用条件はありません。ドコモと契約をした時点で対象となるので、申し込み手続きなどは不要です。

「ずっとドコモ割プラス」は、dポイントクラブのステージによって割引の内容が変わります。ステージは5段階で、1〜4thとプラチナに分かれています。継続利用期間や、半年間のdポイント獲得数によってステージが判定されます。ステージ判定の詳細は次の通りです。

1stステージ 2stステージ 3stステージ 4stステージ プラチナ
ドコモ継続利用期間 4年未満 4年以上 8年以上 10年以上 15年以上
dポイント獲得数 600pt未満 600pr以上 1,800pt以上 3,000pt以上 10,000pt以上

(2018年10月現在)

まとめ

15年以上ドコモを使っているご家庭が「ウルトラシェアパック100」に加入すると、月々3,500円がスマホの料金から割り引かれます。また「ずっとドコモ割」の適用で2,500円が割り引かれるので、トータルで6,000円が毎月減額される計算です。
仮に月々8,000円のスマホ料金がかかっていた場合、この割引が適用されることでスマホ大が2,000円に抑えられます。あんなに高かった月々のスマホ料金が、なんと4分の1にまで抑えられるというのは驚きですよね。またパケットパックと通話プランの見直しをしたり、通話が主体ならかけ放題のプランにかえるなど、より自分のニーズに合わせたプランを選んでいくことも大事です。

もしドコモのケータイを長年使っているのに、インターネット回線が「ドコモ光」以外の回線だったら非常にもったいないことです。インターネット回線を「ドコモ光」に切り替えて、月々のスマホ料金を賢く安くしてみませんか。

ドコモ光のお申込みはこちら

ドコモ光に関するご相談はコチラ

ドコモ光 正規代理店 株式会社Wiz

0120557689

受付時間 10:00~20:00(年末年始を除く)

WEBからは24時間オンライン受付中!!

Webフォームからご相談

ドコモ光お申込みサイトで、
お得な特典実施中!

あなたにおすすめの記事

ドコモ光の情報サイト ドコモ光情報コラム

ドコモ光情報コラムは、ドコモ光に関する最新情報や、お得な情報、サービスに関することを詳しく解説する情報サイトです。これを読めばドコモ光のことが詳しくわかります。話題の特典、サービスなど注目の情報が満載です。

ドコモ光に関する
お申し込み・ご相談はコチラ

0120-557-689

受付時間 10:00~20:00(年末年始を除く)

Webフォームからご相談

カテゴリ

ドコモ光新規ご加入で20,000pt

ドコモ光お申込み窓口

0120-557-689受付時間10:00~20:00 (年末年始を除く)

WEBからは24時間オンライン受付中!!