ドコモ光を引っ越し先でも使いたい! 移転手続きや費用について解説【過去記事バックアップ】 | ドコモ光情報コラム
  1. ドコモ光のトップ
  2. ドコモ光情報コラム
  3. Wi-Fi周辺機器
  4. ドコモ光を引っ越し先でも使いたい! 移転手続きや費用について解説【過去記事バックアップ】

ドコモ光を引っ越し先でも使いたい! 移転手続きや費用について解説【過去記事バックアップ】

  • 2021.3.22 更新
  • Wi-Fi周辺機器
引っ越し中ネットがないなんて耐えられない!ポケットWi-Fi無料レンタルのお申し込みはこちら
ドコモ光のサービス提供エリア検索はこちら
ドコモ光を引っ越し先でも使いたい! 移転手続きや費用について解説【過去記事バックアップ】

引っ越しで転居を予定している場合は、荷造りやさまざまな手続きに追われて日々忙しいもの。ついつい面倒なことは後回しにしてしまいがちですよね。ただ、インターネットは引っ越し先でも必要不可欠なもの。引っ越し先でもスムーズに使用できるように、早め早めの移転手続きをしておくことが肝心です。ただ、移転手続きをしたことがないという場合は、どこから始めたらいいのかなかなか分かりづらいものですよね。ここでは、引っ越し先でもドコモ光を継続して使いたいという場合に行うべき手続きの流れと必要になる費用のことを中心に詳しく解説していきます。また、引っ越し先でドコモ光に乗り換えたいという場合の流れもあわせてご紹介していますので、引っ越し先で快適なインターネット生活を送るための参考にしてください。

ドコモ光の引っ越し手続きの流れ

引っ越しにともない住む場所が変わるときには、ドコモ光の移転手続きも忘れず行うことが大切です。その際に知っておきたいのは、手続きを行う際に必要となるものと、移転手続きにかかる費用です。

まず、手続きに必要なものから説明します。ドコモの携帯電話の契約内容を確認する際、本人確認については口頭などで行われますので、本人確認のための書類等は基本的に必要ではありません。ただし、ネットワーク暗証番号が必要になります。ドコモの携帯電話契約がない方、または、「ドコモ光」のペア回線を設定していない方については、契約ID(お客さまID)などによる本人確認が行われます。

次に、費用についてです。移転手続きにともない、手数料2,200円(税込)が必要になります。その他に、工事費が必要になる場合があります。

工事費に関して具体例を挙げると、東日本エリア内、西日本エリア内でドコモ光を移転する際に、派遣工事と配線工事ある場合では、戸建タイプが9,900円(税込)で、マンションタイプが8,250円(税込)となります。

ただし、これは一例であり、東日本エリアと西日本エリアを跨(また)いでの移転や、配線工事・派遣工事がない場合の移転に関しては、工事費が異なってくる可能性があります。さらに、「ドコモ光電話」や「ドコモ光テレビオプション」を利用していて、移転後も継続して利用する場合は工事費が必要になります。

移転手続きや流れの確認は、お近くのドコモショップへ足を運ぶか、ドコモインフォメーションセンターへ電話して行います。手続きには時間がかかることもありますので、引っ越しが決まったらなるべく早く移転手続きすることをおすすめします。

ドコモ光の全容解説

移転中非課金設定について

ドコモ光を移転する際には「移転中非課金設定」が適用されます。これは、転出から転入の切り替え期間を設定し、その間ドコモ光の利用料金がかからないようにするための設定です。引っ越し期間中はドコモ光を使用できなくなります。ですから、この設定をしておくことで転入から転出を行っている間の料金を支払わなくていいということになるのです。移転手続きの際には忘れず設定しておくようにしましょう。

用意するものや必要書類はあるの?

ご紹介した通り、ドコモ光を移転する際には活用しないともったいない移転中非課税設定ですが、この設定を行ううえで用意するものや必要書類などは、個々の状況によって異なる場合もあります。ですから、移転中非課税設定についての詳しいことは、あらかじめ問い合わせておくことをおすすめします。

東日本と西日本を跨いでの引っ越しの場合

予定している引っ越しが、東日本と西日本を跨ぐか跨がないかによって、これまでと変わることと変わらないことに違いがあります。まず、東日本と西日本を跨ぐ引っ越しの場合には、これまでとどのようなことが変わるのか、項目に分けて解説します。

契約IDが変わる

東日本と西日本を跨いでの引っ越しの場合には、移転にともなって変わるものとして、まず契約IDを挙げることができます。ただ、契約IDが変わったことで普段の生活の中で不便になったり、変更になったりすることは基本的にありませんので、この点については、「契約IDというものが変わるんだな」と思う程度で構わないでしょう。

オプションが廃止になる

エリア独自のオプションがある場合には、エリアを跨いでの移転にともなってそのオプションが廃止になる可能性があります。何らかのオプションを利用している場合、移転にともなって廃止になるのかどうか事前に問い合わせておくことをおすすめします。

ひかり電話やフレッツ・テレビが廃止になる

ひかり電話やフレッツ・テレビを利用している場合は、移転にともなって一旦廃止となります。引っ越し先でも継続して利用したい場合は、再度申込をする必要がありますので注意が必要です。また、再度申し込みをする場合には、新規契約という扱いになるため、契約するうえでの事務手数料かかる事務手数料2,200円(税込)がかかることも知っておきたいですね。

東日本と西日本を跨がない引っ越しの場合

続いて、東日本と西日本を跨がない場合の引っ越しについて、何が変わってくるのかご紹介します。「エリアが変わらないのだから、変更点もないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、エリアを跨がなくても変更点がある場合もあります。項目に分けて具体的に見ていきましょう。

ドコモ光電話の電話番号が変更になる可能性がある

「ドコモ光電話」や「ひかり電話」などを利用している場合は、電話番号が変更になる可能性があります。先ほど、エリアを跨いでの引っ越しの際に変更になるものとしてご紹介した、「契約IDが変わる」というのはあまり不便を感じないものですが、普段の生活で使っている電話番号が変更されるとなると生活をするうえで影響を受けます。もし変更になるようでしたら、周囲の人に新しい電話番号をあらかじめ伝えておくなどの対処を早めに行うようにしましょう。

プロバイダが変更になる可能性もある

引っ越しによって今まで利用していたプロバイダの提供対象外エリアになる場合には、プロバイダが変わる可能性があります。今までと異なるプロバイダに変更になる場合には、引っ越し先のエリアで使用できるプロバイダの中からよく比較検討して決めるようにしましょう。

また、先ほど「移転中非課金設定」により、引っ越し期間中は使用料がかからないということに触れましたが、プロバイダに関しては、引っ越しによって今まで使っていたプロバイダではなくなった場合、サービス停止後に一部の料金がかかる場合もありますので、この点は注意が必要です。ドコモ光の公式ホームページについては、プロバイダに関しての注意点が掲載されているページがありますので、今自身が使っているプロバイダはどうなるのか、事前に確認しておくことをおすすめします。「サイトを見てもよく分からない…」という場合は、電話などで直接確認しておきましょう。

引っ越しによってかかってくるドコモ光の工事費などの費用について

先ほども少しご紹介しましたが、移転の際には事務手数料の他に、工事費がかかる可能性があります。基本的な料金は、先ほどご紹介した通りですが、東日本と西日本を跨ぐ移転の場合や、同じ住所の中で移転を行う場合、また、配線工事・派遣工事の有無などによって工事費が変わってくる可能性があります。個々の状況によって工事の費用が変動してきますので、詳しくは事前に問い合わせして細かい料金設定を確認しておきましょう。

また、プロバイダを変更しないといけない場合は、プロバイダへの解約金がかかることもあることも想定して置く必要があります。この点に関しても、該当する方は解約金がいくらくらい必要になるのか、事前に確認しておきましょう。

新築を建てたことによる引っ越しの場合

新築した場合の引っ越しは、手続きに時間がかかる可能性があります。新築の場合は、NTTで住所登録がされていない場合が多く、その場合は住所登録の手続きから行う必要があるためです。

一戸建ての場合は、ドコモ光の新規申し込みをするとことから始めていきます。

マンションの場合には、光回線の契約が、マンション全体で行うのか、それとも個別で行う必要があるのかについて把握しなければなしません。マンションの場合、ドコモ光の新規申し込みは、個々の状況を把握した後ということになりますね。

ドコモ光の申し込みを済ませ、NTTの住所登録が行われたら、回線が開通するのを待つという流れになります。回線の開通をなるべく早く行ってほしいという場合には、諸々の手続きを早めに行うようにしましょう。

引越し先でドコモ光を新規契約する場合の流れ

引っ越し先での新規契約は、現在フレッツ光を利用しているか否かによって手続きの流れが変わってきます。

まず、現在、フレッツ光を利用している場合には、フレッツ光から「転用承諾番号」をもらいます。ドコモ光への新規申し込みを行うのは、この番号をもらった後です。申し込みが完了したら、これまで利用していたプロバイダの解約手続きを行うという流れになります。

次に、現在、フレッツ光を利用していない場合について説明します。まず、フレッツ光と契約を行っていない場合にまず行うことは、ドコモ光への新規申し込みです。申し込みが完了したら、今まで使っていた回線の業者やプロバイダに対して、解約の手続きを行います。

フレッツ光を転用して使用する場合、解約金はかかりませんが、回線業者やプロバイダの解約に関しては、解約金もしくは違約金が必要になる可能性もありますので、その点もあらかじめ想定して準備を進めていきましょう。

まとめ

引っ越しで忙しい中、インターネットの移転手続きは、なかなか面倒だなと思う方が多いかもしれません。しかし、インターネットは生活するうえで必要不可欠。引っ越し先で作業や調べものをしたいと思った時にネット環境を整えていないと不便ですよね。ドコモ光の移転に関しては、個々の状況によって行うべきことが異なってくる場合が多くあります。分からないことがあった時には電話で問い合わせるなどして詳しい情報を得るようにしましょう。

 

毎月ドコモご利用料金の10%還元

ドコモ光に関するご相談はコチラ

ドコモ光 正規代理店 株式会社Wiz

05050520345

受付時間 10:00~20:00(年末年始を除く)

WEBからは24時間オンライン受付中!!

Webフォームからご相談

ドコモ光お申込みサイトで、
お得な特典実施中!

あなたにおすすめの記事

ドコモ光の情報サイト ドコモ光情報コラム

ドコモ光情報コラムは、ドコモ光に関する最新情報や、お得な情報、サービスに関することを詳しく解説する情報サイトです。これを読めばドコモ光のことが詳しくわかります。話題の特典、サービスなど注目の情報が満載です。

ドコモ光に関する
お申し込み・ご相談はコチラ

050-5052-0345 Webフォームからご相談

カテゴリ

ドコモ光お申込み窓口

050-5052-0345受付時間10:00~20:00 (年末年始を除く)