1. ドコモ光のトップ
  2. ドコモ光情報コラム
  3. お得情報
  4. 自宅の固定電話を良く使うならドコモ光電話バリューが断然おトク!

自宅の固定電話を良く使うならドコモ光電話バリューが断然おトク!

  • 2019.8.17 更新
  • お得情報
毎月ドコモご利用料金の10%還元
特別限定特典 開通工事完了までモバイルルーター無料レンタル開始
自宅の固定電話を良く使うならドコモ光電話バリューが断然おトク!

携帯電話が普及し、いつでもどこでも電話ができる時代になりました。でもお家でのんびり長電話を楽しんだり、遠く離れて生活する高齢の家族や親せきの様子を確かめる時には、固定電話を利用する方も多いのではないでしょうか。
最近はインターネット回線を利用したひかり電話で、通話料を安く抑えることが可能です。例えばフレッツ光回線を利用する「ドコモ光」には「ドコモ光電話」という電話サービスがあり、お得なプランが用意されています。
ドコモ光で快適インターネット生活 ドコモ光電話をはじめ、便利なサービスをご紹介!

ドコモ光電話とは

「ドコモ光電話」は、ドコモ光回線を利用した固定電話サービスです。ドコモ光回線を契約していれば、毎月500円で使うことができます。国内の固定電話に電話をかける場合、全国どこでも一律3分8円という通話料が魅力です。従来の固定電話で県外にかける場合には3分で20円~80円ほどかかっていたことを考えると、かなりお手頃です。

ドコモ光電話の国内通話料金

ドコモ光電話は、NTT加入電話(固定電話)に比べてどのくらい安くなるのでしょうか。
ドコモ光電話とNTT加入電話の国内通話料について、東日本エリアと西日本エリアに分けたものを表にまとめてみました。

東日本エリア

通話料金 加入電話の通話料 ドコモ光電話の通話料
市内/3分 8.5円 日本全国8円
県内市外/3分 20~40円
県外/3分 20~80円
国際電話 アメリカ宛/1分 60円(免税) 9円(免税)
携帯電話 ドコモ宛/1分 20円 16円
au宛/1分 30円 17.5円
Softbank宛 40円 17.5円

西日本エリア

通話料金 加入電話の通話料 ドコモ光電話の通話料
市内/3分 8.5円 日本全国8円
県内市外/3分 20~40円
県外/3分 20~80円
国際電話 アメリカ宛/1分 60円(免税) 9円(免税)
携帯電話 ドコモ宛/1分 17円 16円
au宛/1分 18円 18円
Softbank(旧ワイモバイル)宛 17円 16円
Softbank宛 20円 18円

海外の電話料金も安い

ドコモ光電話は、国内通話だけでなく、海外への通話も安くなっています。海外にかける際のNTT加入電話とドコモ光電話の料金の比較は次の通りです。

NTT加入電話の通話料 ドコモ光電話の通話料
アメリカ本土 60円/1分 9円/1分
中華人民共和国 140円/1分 30円/1分
大韓民国 110円/1分 30円/1分

NTT加入電話よりも、ドコモ光の方が6〜7倍安い通話料になっています。格安な料金設定ですよね。

付加サービスと料金

ドコモ光電話はオプションサービスも充実しています。例えば着信の際にかけてきた相手の電話番号を表示する「発信者番号表示」や、迷惑電話の相手に電話が受けられないことを伝える「迷惑電話ストップサービス」など、全部で8種類の付加サービスが用意されています。

言葉巧みに金品をだまし取る振り込め詐欺や架空請求詐欺は、知らない電話番号からの電話に応答することで被害に遭うケースが多いです。いわゆる特殊詐欺の予防措置としても、これらの付加サービスは有効です。

スマホをドコモ光電話の電話機としても使える

「家にいないときでも、固定電話にかかってきた電話をとりたい」「スマホで通話するときは固定電話くらい安くしたい」とお考えの方もいると思います。

なんとドコモ光電話では、スマートフォンが自宅のひかり電話の電話機になるサービスを提供しています。
このサービスを利用開始する際には、Wi-Fi環境でスマートフォンに専用アプリをダウンロードする必要があります。自宅の固定電話と同じ番号で発着信ができるので、どんな場所でも通話できますし、料金も固定電話と同じでお得です。

ドコモ光電話バリューとは

ドコモ光電話バリューは「ドコモ光電話」の基本料金と迷惑電話対策に役立つ6つの付加サービスがセットになったお得なプランです。発信者番号表示やナンバーリクエストなど、総額1,700円分の付加サービスが月額1,500円で利用でき、さらに480円分の無料通話もついています。知らない人からの電話に不安があったり、毎月定期的に固定電話を使うご家庭なら、ドコモ光電話バリューがおすすめです。

利用できる付加サービス

・通話中着信…通話中に別の着信があった場合、通話中の電話を一旦保留にして、後からかかってきた電話に出ることができる、いわゆるキャッチホンサービスです。

・転送でんわ…固定電話にかかってきた電話をあらかじめ設定した別の番号に転送できるサービスです。外出中や話し中に別の電話に転送することで、大事な電話を取り損ねることがなくなります。

・発信者番号表示…電話をかけてきた相手の番号を電話機に表示するサービスです。着信履歴が残るので留守番電話にメッセージが残っていなくてもかかってきた電話があったことを知ることができます。

・ナンバー・リクエスト…電話番号を通知せずにかかってきた電話に対し、番号を通知して掛け直すように伝えてくれる機能です。ナンバー・リクエストを設定しておくと、非通知でかかってきた電話は着信音が鳴りません。

・迷惑電話ストップサービス…迷惑電話を受けた直後に電話機を操作することで、同じ電話番号からの着信を拒否できる機能です。かけてきた相手には電話を受けられないことを伝えるメッセージが流れます。

・着信お知らせメール…登録の電話番号に着信があると、指定のメールアドレス宛にメールが届くように設定できる機能です。着信の日時や相手の電話番号、呼出時間などが確認できます。

ドコモ光と同時申し込みでお得になる

ドコモ光電話を契約したい場合は、工事が必要になります。ドコモ光電話の一般的な初期費用は、だいたい3,000円~4,000円程度です。

例えばインターネット回線もドコモ光にした場合、同時に申し込みをすればドコモ光電話の工事料は減額になりますので、なるべく一緒に申し込みをしたほうが断然お得です。

※NTT東西の固定電話から番号ポータビリティで番号を継続する場合、NTT東西より別途利用休止工事料2,000円が請求される場合があります。

ドコモ光電話ページはこちら

ドコモ光電話工事内容

ドコモ光電話の工事は、基本工事・交換機等の工事・機器工事が必要になります。

NTT東日本・西日本のひかり電話を利用中で、ドコモ光へ転用した場合は、工事料がかかりません。さらにドコモ光とドコモ光電話を同時に申し込みした場合も、基本工事料は発生しません。

現在ドコモ光を利用中の方が、ドコモ光電話を新たに追加して契約する場合、今使っている機器をドコモ光電話対応のルーターに変更する必要があり、改めて配線工事等が必要になります。そのため少しでもおトクに申し込みたい場合は、ドコモ光とドコモ光電話を同時契約することをオススメします。

また現在利用中の電話番号を、ドコモ光に引き継ぎたい場合は「番号ポータビリティー」の手続きをする必要があります。他社のひかり電話から、ドコモ光電話に電話番号移行をする場合は、NTTにて電話回線をアナログ回線に戻す「アナログ戻し」の手続きが必要になるため、NTTから休止料金の2,000円が請求されます。

どのくらいの利用頻度ならバリューにすべき?

例えば、発信者番号表示と転送でんわを使いたい場合、ドコモ光電話と組みあわせると基本料金は500円+400円+500円=1,400円です。これに通話料が加算されると毎月1,500円を超えるご家庭はドコモ光電話バリューの方がお得です。ただし固定電話から電話をかけることがほとんどない場合は個別に契約した方が毎月の料金が安く抑えられます。

ドコモ光電話バリューは付加サービスと無料通話がついたお得なプランですが、固定電話から電話をかけることが少ない場合、毎月の通信料を引き上げてしまう原因になります。通信料を安く抑えたいなら、必要とする付加サービスや電話の利用状況を確認した上で料金プランを選びましょう。

ドコモ光に関するご相談はコチラ

ドコモ光 正規代理店 株式会社Wiz

0120557689

受付時間 10:00~20:00(年末年始を除く)

WEBからは24時間オンライン受付中!!

Webフォームからご相談

ドコモ光お申込みサイトで、
お得な特典実施中!

あなたにおすすめの記事

ドコモ光の情報サイト ドコモ光情報コラム

ドコモ光情報コラムは、ドコモ光に関する最新情報や、お得な情報、サービスに関することを詳しく解説する情報サイトです。これを読めばドコモ光のことが詳しくわかります。話題の特典、サービスなど注目の情報が満載です。

ドコモ光に関する
お申し込み・ご相談はコチラ

0120-557-689

受付時間 10:00~20:00(年末年始を除く)

Webフォームからご相談

カテゴリ

ドコモ光新規ご加入で20,000pt

ドコモ光お申込み窓口

0120-557-689受付時間10:00~20:00 (年末年始を除く)

WEBからは24時間オンライン受付中!!