1. ドコモ光のトップ
  2. ドコモ光情報コラム
  3. ドコモ光について
  4. 【ドコモ光とフレッツ光の違いやメリットは?】比較して使いやすいのはどっち?

【ドコモ光とフレッツ光の違いやメリットは?】比較して使いやすいのはどっち?

  • 2019.10.17 更新
  • ドコモ光について
毎月ドコモご利用料金の10%還元
特別限定特典 開通工事完了までモバイルルーター無料レンタル開始
【ドコモ光とフレッツ光の違いやメリットは?】比較して使いやすいのはどっち?

NTT東日本とNTT西日本が提供している光インターネットサービスの「フレッツ光」を契約していて、別の光サービスに乗り換えをする人の多くが光コラボレーションを利用しています。フレッツ光と同じ光回線を使用しているのが人気の秘密です。

使用中のIDやひかり電話の番号を変えたくない人には、これらがそのまま使えて手続きが簡単な「転用」が向いています。光コラボレーションの中でも契約者を増やしているのが携帯キャリアの事業者が提供しているサービスです。使っているスマホと同じキャリアの光インターネットサービスにまとめることで、料金がお得になると評判です。今回は、人気キャリアのドコモが提供するドコモ光についてまとめました。

ドコモ光の特徴とはどんなところ?

ドコモ光とは、ドコモがフレッツ光回線やケーブルテレビを使って提供している光インターネットサービスのこと。プロバイダ一体型の料金体系で、月額は4,000円から利用できます。携帯電話で有名なドコモですが、ドコモ光では携帯とのセット割などお得なサービスが充実しています。

ドコモ光をテレビにつなげば、Wi-Fiでダウンロードした動画を外出先でも視聴できます。通勤などの移動時間が楽しくなりそうですね。Wi-Fiで接続できるため、データ量を気にしないでコンテンツが利用できます。「Wi-Fiって難しそう」と心配な人も、初期設定からしっかりサポートしてくれるので安心です。

ドコモ光とNTTフレッツ光の違いは提供している「回線業者」

これまで光インターネットサービスというとNTTのフレッツ光が主流でした。しかし近年は、ドコモやソフトバンクなど携帯キャリアも提供するようになり、選択肢が広がってきています。まずフレッツ光はNTT東日本・NTT西日本が運営しているのに対し、ドコモ光やSoftbank光はNTT東日本とNTT西日本で提供している光回線を借り受けて運営しています。事業者がユーザー向けに提供する独自のサービスと光アクセスサービスを組み合わせたものです。つまり使っている回線は同じものですが、運営している回線業者が違うということです。
これがいわゆる「光コラボレーション」というサービスで、「光コラボ」と呼ばれることが多くあります。NTT東日本とNTT西日本から光アクセスサービスを提供された事業者を、「コラボレーション事業者」といいます。ドコモやソフトバンクなどの光コラボレーション事業者は数多くあり、それぞれ、光電話やリモートサービス、フレッツテレビ、24時間の出張修理などオプションサービスを展開しています。大きな特徴はワンストップサービスの提供です。ワンパッケージやワンブランドのサービスが利用できます。これによりフレッツ光を利用している人がドコモ光に切り替えるケースも増え、ドコモ光は高い人気を集めています。

ではフレッツ光とドコモ光では、具体的にどこに違いがあるのでしょうか?

そもそもフレッツ光ではなく、他の光コラボを利用している場合は、▶こちらの記事を参考にしてみてください。

フレッツ光とドコモ光は月額料金が違う

フレッツ光とドコモ光では、月額料金の仕組みが異なってきます。フレッツ光は月額料金とプロバイダ料を払うのに対し、ドコモ光はプロバイダ料込みの月額料金となっています。

フレッツ光の月額料金はNTT東日本・西日本で違い、東日本のマンションタイプは2,950円、戸建てタイプ4,600円から提供されています。西日本だと、マンションタイプは3,250円、戸建てタイプ4,300円からとなっています。これにプロバイダ料金が800〜1,100円上乗せになります。なおプロバイダの料金は、事業者によって違いがあります。

一方、ドコモ光の料金はタイプによって異なり、マンションタイプは4,000〜4,200円、戸建てタイプは5,200〜5,400円です。

携帯とのセット割額を含め、料金を詳しく知りたい場合は、▶こちらの窓口から問い合わせることができるので利用してみてください。

ドコモ光とNTTフレッツ光の速度に違いはあるの?

フレッツ光とドコモ光は、速度に違いがあるかどうかも気になりますよね。

基本的にフレッツ光とドコモ光の回線速度は、同じ回線を利用しているので最大1Gbpsです。しかし中には「ドコモ光にしたら速度が遅くなった」というケースもみられます。この原因は、プロバイダの接続方法によるものと考えられます。

ドコモ光は、最大速度1Gbpsの高速通信になっていますが、プロバイダによってはアクセスが混雑する時間に通信速度が遅くなることがあります。

またWi-Fiのルーターも速度に影響している可能性があります。高速通信に対応できないスペックのWi-Fiルーターでは、規格に沿った速度しか出ません。速度が気になる場合は、プロバイダとWi-Fiルーターを確認してみましょう。

ドコモ光とフレッツ光はプロバイダ契約の方法が違う?

フレッツ光はインターネット回線のみの契約になります。ですので、それとは別にプロバイダを管理する事業者と契約する必要があります。回線とプロバイダそれぞれで契約をするため、月額料金の請求も別ですし、トラブルや不明点で問い合わせる際に内容によって連絡先が違うというデメリットがあります。

しかしドコモ光は、回線とプロバイダをまとめて一括で契約できます。請求や問い合わせ先がバラバラで混乱するということがありません。

またフレッツ光は、非常に多くのプロバイダから好きな事業者を選ぶことができます。一方、ドコモ光は約25のプロバイダの中から、好きなものを選ぶスタイルです。これまで使っていたプロバイダがドコモ光にあれば継続することもできますし、一番おトクなプランを選べば安価でインターネットを利用することも可能です。

NTTのフレッツ光から光コラボへの転用が便利

フレッツ光から、光コラボレーション事業者が提供するサービスに乗り換えたい場合は、「転用」がおすすめです。乗り換えというと手続きが面倒なイメージがありませんか? 転用をするとフレッツ光を利用している方が、簡単に光コラボレーション事業者が提供するサービスに切り替えられます。一部を除き、利用中の「ひかり電話番号」や「お客様ID」を変えずにそのまま引き継げるのでとても便利です。

転用の手続きは、まず、ひかり電話番号またはお客様ID、契約者名、フレッツ光の利用場所(住所)、フレッツ光料金の支払い方法を用意します。次に、NTTに連絡して転用承諾番号を発行してもらい、最後に光コラボレーション事業者に転用の申し込みをするだけです。転用日までは申し込みから2日ほどかかります。

転用で気になるのが「インターネットが使えない期間ができてしまうのではないか?」ということですよね。転用はすでに引いてあるフレッツ光回線を利用するので、基本的に工事は必要ありません。しかし契約しているプランによっては、派遣工事が必要になる場合があります。

インターネットが使えない期間を短くするためには、光コラボの工事日を設定してからフレッツ光から光コラボへの切替日を決めるとよいでしょう。切り替え完了後は、すぐにインターネットを利用することができます。ただし切り替え日のタイミングによっては、インターネットが使えない空白期間ができる可能性があるので注意しましょう。また2〜4月は繁忙期となるため、工事の予約が思うように取れないことがあります。転用を決めたら、早めに申込みをしましょう。

ドコモ光への転用を検討中の方は▶こちらの窓口から詳しい内容を問い合わせることができるので利用してみてください。

 

今ならドコモ光のお申込みで現金1.5万円がもらえるチャンス!

さらに・・・
✔ドコモ携帯とセットで毎月100~3500円も割引!
ドコモ携帯お持ちでなくてもdポイント1万円分もらえる!
工事完了までモバイルルーター無料レンタル

▶その他特典・ドコモに関するお問い合わせはこちら

▶簡単30秒!料金シミュレーションはこちら

▶提供エリアの確認はこちら

お電話はこちら▶ 0120-557-689

 

ドコモ光のメリットはどんなところ?

ドコモ光はプロバイダ一体型のワンストップで利用できる光インターネットサービスです。ほかにはどんなメリットがあるのでしょうか。気になる料金プランやフレッツ光との速度の違いを中心にまとめてみました。お得な特典についても詳しくご紹介します。

ドコモ光はドコモ携帯と連携可能

ドコモ光の魅力といえば、ドコモの携帯との連携です。ドコモのスマホを使っていて気になるのがデータ量だと思います。ドコモ光と連携することで、Wi-Fiが使えるようになります。

Wi-Fiが使えるようになれば、Youtubeなどの動画やゲーム、本のダウンロードなどでデータを大量に使うときもデータ残量を気にする必要はありません。また、雑誌が読み放題になる「dマガジン」や音楽が効き放題の「dヒッツ」、レシピの動画の「dグルメ」、さらには知育アプリの「dキッズ」などドコモの豊富なコンテンツを毎月定額&データ量も心配せずに、思う存分楽しめます。

ドコモの携帯とセット割りになるお得なドコモ光パック

インターネットとスマホをまとめた「ドコモ光パック」は、3つのお得なサービスを利用できます。1つ目は「ドコモ光セット割」です。インターネット料金とスマホ料金をまとめると、スマホ代が毎年1,200円〜42,000円割引されます。

2つ目は長期ユーザー向けの「ずっとドコモ割プラス」です。4年以上利用しているか、6ヶ月間のdポイント獲得累計数が600pt以上の方なら、dポイントクラブのステージに応じてスマホ料金が毎年1,200円〜30,000円割引されます。特典の受取り方法は、料金値引きではなくdポイント付与を選択することもできます。dポイントなら還元率が1.2倍になるので、毎年1,440pt〜36,000ptもお得になるのでおすすめです。

3つ目はdカードGOLDです。入会するとドコモ光もスマホも利用料金の10%がdポイントで還元されます。

ドコモ光の月額料金プランを紹介

ドコモ光の料金プランは、プロバイダ一体型と単独タイプが用意されていて、マンションと戸建で異なる内容です。プロバイダによって3つのタイプの設定がされていて、戸建向けには2段階定額となっている「ドコモ光ミニ」もあります。ここではプロバイダ一体型の料金プランを見ていきましょう。

<マンション向けの料金プラン>

・タイプA 月額料金4,000円(契約期間なしの場合5,000円)

・タイプB 月額料金4,200円(契約期間なしの場合5,200円)

<戸建向けの料金プラン>

・タイプA 月額料金5,200円(契約期間なしの場合6,700円)

・タイプB 月額料5,400円(契約期間なしの場合6,900円)

・ドコモミニ 月額料金2,700円〜5,700円(契約期間なしの場合4,200円〜7,200円)

>>月額料金のシミュレーションはこちら

>>携帯とのセット割を含めた料金のお問い合わせはこちら

ドコモ光は特典が豊富

ドコモ光は特典が豊富なのもメリットの1つです。新規申し込みで工事費が無料になったり、旧料金プランを利用していてドコモ光に加入すると期間限定で月額が500円になるなど料金が割引される特典が魅力です。また、ドコモ光ルーター01を購入すると、価格相当のdポイントを還元するサポートの特典も。公式ホームページで紹介されているので、ぜひチェックしてみましょう。

NTTフレッツ光の特典が無くなっているって本当?

「NTTフレッツ光のキャッシュバック特典が無くなっている」と話題になったのは2015年のことです。それまではいろいろな特典があり、「フレッツ光」と検索するとキャッシュバックをうたう広告であふれていました。中には最大で100,000円ものキャッシュバック特典を展開する業者がいたことも。2015年2月にNTTが光回線を他の事業者へ開放し、光コラボレーションを導入したのが大きな転機でした。そのため、新規顧客獲得のためのキャッシュバックが減少していったと考えられています。

ドコモ光で2019年現在利用できる特典

2019年9月現在、ドコモ光で利用できる特典にはどんなものがあるかご紹介していきます。

ドコモ光新規工事費無料キャンペーン

ドコモ光を新規で申し込むと、工事料西田18,000円が無料になるキャンペーンです。

ドコモ光dポイントプレゼントキャンペーン

ドコモ光の新規申し込みでdポイント10,000pt、転用で5,000ptがもらえます。付与されるdポイントは期間・用途限定のポイントとなります。

▶こちらからのお申込みでキャンペーンが受けることができます。是非チェックしてみてくださいね!

ドコモnet限定特典

ドコモ光でタイプAのドコモnetに申し込み、ネットトータルサポートとドコモ光ルーター01を購入すると、dポイント10,000ptが進呈されるキャンペーンです。

他には、離れて暮らしている家族でドコモ光を2回線以上複数契約するとシェアパック料金が割引になる「光★ 複数割」や「ドコモ光期間限定割引」や、「ひかりTV for docomo 新規お申し込み特典」などのキャンペーンが実施されています。

 

今ならドコモ光のお申込みで現金1.5万円がもらえるチャンス!

さらに・・・
✔ドコモ携帯とセットで毎月100~3500円も割引!
ドコモ携帯お持ちでなくてもdポイント1万円分もらえる!
工事完了までモバイルルーター無料レンタル

▶その他特典・ドコモに関するお問い合わせはこちら

▶簡単30秒!料金シミュレーションはこちら

▶提供エリアの確認はこちら

お電話はこちら▶ 0120-557-689

 

ドコモ光のおすすめプロバイダ

ドコモ光と提携しているプロバイダは、タイプAとタイプBに分類されています。月額料金は200円の差でしたが、プロバイダは何をポイントに選ぶと良いのでしょうか。まずチェックしたいのは、高速通信に対応しているプロバイダかどうかです。ドコモ光は1ギガの光回線なので、「IPv6プラス対応」のプロバイダがおすすめです。v6プラスは接続サービスの種類で、混雑する時間帯にも快適にインターネットを楽しめます。ほかには、訪問サポートの内容や、どんなサービスがあるかを比較して選ぶのがポイントです。

まとめ

ドコモ光の特徴や、フレッツ光との違いを解説してきました。フレッツ光を利用していて乗り換えを考えているなら、光コラボレーション事業者を利用するのも良さそうですね。ドコモの携帯を4年以上使っているなら、連携したサービスが充実しているドコモ光への転用で料金がお得になることも。使用年数を重ねるごとに割引額が大きくなるので、10年や15年以上ドコモを愛用しているという人には特におすすめです。

他にもドコモ光に関する疑問やお困りごとがあれば、▶こちらのフォームから簡単に問い合わせることができます。

また、▶こちらからのお申込みでエリア確認から面倒な手続き・転用番号の取得・開通まで一括でサポートしてくれるので、ぜひ利用してみてくださいね。

 

今ならドコモ光のお申込みで現金1.5万円がもらえるチャンス!

さらに・・・
✔ドコモ携帯とセットで毎月100~3500円も割引!
ドコモ携帯お持ちでなくてもdポイント1万円分もらえる!
工事完了までモバイルルーター無料レンタル

▶その他特典・ドコモに関するお問い合わせはこちら

▶簡単30秒!料金シミュレーションはこちら

▶提供エリアの確認はこちら

お電話はこちら▶ 0120-557-689

 

ドコモ光に関するご相談はコチラ

ドコモ光 正規代理店 株式会社Wiz

0120557689

受付時間 10:00~20:00(年末年始を除く)

WEBからは24時間オンライン受付中!!

Webフォームからご相談

ドコモ光お申込みサイトで、
お得な特典実施中!

あなたにおすすめの記事

ドコモ光の情報サイト ドコモ光情報コラム

ドコモ光情報コラムは、ドコモ光に関する最新情報や、お得な情報、サービスに関することを詳しく解説する情報サイトです。これを読めばドコモ光のことが詳しくわかります。話題の特典、サービスなど注目の情報が満載です。

ドコモ光に関する
お申し込み・ご相談はコチラ

0120-557-689

受付時間 10:00~20:00(年末年始を除く)

Webフォームからご相談

カテゴリ

ドコモ光新規ご加入で20,000pt

ドコモ光お申込み窓口

0120-557-689受付時間10:00~20:00 (年末年始を除く)

WEBからは24時間オンライン受付中!!