【ドコモ光の料金】結局いくら?安くする方法と10ギガプランも含めて解説! | ドコモ光情報コラム
  1. ドコモ光のトップ
  2. ドコモ光情報コラム
  3. ドコモ光について
  4. 【ドコモ光の料金】結局いくら?安くする方法と10ギガプランも含めて解説!

【ドコモ光の料金】結局いくら?安くする方法と10ギガプランも含めて解説!

  • 2020.8.31 更新
  • ドコモ光について
ドコモ光のサービス提供エリア検索はこちら
モバイルもネット回線もドコモ光でまとめてお得!現金2万円プレゼントはこちら
【ドコモ光の料金】結局いくら?安くする方法と10ギガプランも含めて解説!

初期費用から月額料金、オプションも含めて、わかりやすく解説していきます。ドコモ光の料金を手っ取り早く理解したいという場合には是非チェックしていただきたい内容です!

ドコモ光の料金はいくら?《結論》

ドコモ光の料金について解説する前に、結論として発生する可能性のある料金をご紹介しておきます。それぞれの詳細は以下で解説していきますので、時間がない場合やすぐに把握したいという場合にはまずチェックしてみてください。

マンションタイプ

初期費用+月額料金

ドコモ光のマンションタイプを契約する場合にかかる料金は、工事費は15,000円、契約事務手数料は3,000円と1ギガタイプの月額料金(4,000円もしくは4,200円)となります。
NTTドコモのキャンペーンにより工事費は無料となっていますので、現時点であれば契約事務手数料の3,000円と月額料金4,000円もしくは4,200円が発生するだけということになりますね。
その他、必要に応じて光電話やテレビサービスなどの契約をする場合は別途そちらの料金が加算されることになります。
※定期契約ありタイプA,Bタイプの場合

戸建てタイプ

初期費用+月額料金

ドコモ光の戸建てタイプを契約する場合も内容としては同様です。戸建てタイプの月額料金は5,200円もしくは5,400円。これに初期費用を加算するかたちになります。工事費は18,000円、契約事務手数料は3,000円です。
マンションと同様に、工事費無料のキャンペーンを行っていますので、契約事務手数料(3,000円)と月額料金(5,200円もしくは5,400円)が発生することになりますね。
しかし、戸建てタイプに関しては2020年4月以降に10ギガプランが提供開始されており、速度重視の方でこちらを選ぶ場合には月額料金が6,300円もしくは6,500円となります。
※定期契約ありタイプA,Bタイプの場合

ドコモ光マンションタイプの料金詳細

ドコモ光をマンションで契約する場合の料金を詳細にご説明していきます。
ドコモ光のマンションタイプの料金種類は全部で3つ。
それぞれの違いもチェックしてみましょう。

ドコモ光マンションタイプ種類

基本的にドコモ光マンションタイプの違いは、プロバイダによる違いです。
タイプA,B,Cはプロバイダが異なり、単独タイプは回線のみの提供ということになります。

ドコモ光タイプA:4,000円
ドコモ光タイプB:4,200円
ドコモ光タイプC:4,000円(ケーブルテレビとの提携)
》ドコモ光のタイプCってなに?特徴や料金は?

プロバイダに強い拘りがなければ、少しでも月額料金が安いドコモ光タイプAを契約することをおすすめします。
後述しますが、どのタイプで契約した場合でも、初期費用には差がありません。
》ドコモ光マンションタイプの詳細はこちら!料金や工事費など解説

ドコモ光戸建てタイプの料金詳細

ドコモ光でも、マンションタイプと同様に契約するタイプで料金が異なります。また戸建てタイプに関しては新しいプランとして10ギガプランも登場しているため、こちらも併せて解説していきます。

ドコモ光の戸建てタイプ種類

ドコモ光戸建てタイプではプロバイダの違い、回線のみ、従量料金制としてタイプを展開しています。

1ギガタイプA:5,200円
1ギガタイプB:5,400円
1ギガ単独タイプ:5,000円
ドコモ光ミニ:2,700円~5,700円

タイプミニは、2段階定額制のサービスで、200MBまでの場合は基本料金としての2,700円、以降1,200MBまでは10MBあたり30円(基本料金+使った分)、1,200MB以上使った場合には上限の5,700円という料金設定になっています。インターネットはあまり使わないけれど、おいておきたいという場合に選ばれるプランです。しかし、プロバイダ料金も含まれていないため、1,200MB以上使うと、回線だけで5,700円が発生するため、あまりおすすめはしません。
》ドコモ光戸建てタイプ(通常)の詳細記事!料金や工事はどうなる?

ドコモ光10ギガタイプの料金

ドコモ光では、地域限定で2020年3月に「10ギガプラン」を発表。4月1日より、戸建て限定で順次サービスを提供開始となっています。
10ギガ対応として速度重視の方に注目されています。

10ギガプランタイプA:6,300円
10ギガプランタイプB:6,500円
10ギガプラン単独タイプ:5,900円
10Gbps対応ルーター:月額500円

2020年6月時点の公式サイトの情報によると、提供エリアは東京15の区と市の一部、大阪府大阪市、愛知県名古屋市とされています。
》ドコモ光、注目の10ギガプランの詳細はこちらをチェック!

ドコモ光の料金として把握しておきたい”共通項目”

次に、ドコモ光を契約する上で共通して発生する費用をチェックしていきましょう。

初期費用①契約事務手数料

費用:3,000円
ドコモ光を契約する際に最初にかかる手数料のことです。他社の固定回線サービスでも同様に手数料がかかることが一般的ですが、競合他社をチェックしてみてもこの手数料は3,000円となっています。

初期費用②工事費

ドコモ光の工事費としては、代表的な工事内容の場合、マンションタイプが15,000円/戸建てタイプが18,000円。設備や状況によって変動はあります。
また、現在はドコモ光の公式キャンペーンとして工事費無料キャンペーンを行っているため、実際にかかる費用としては0円です。

※キャンペーンの期間や内容は今後変更の可能性があります。

》ドコモ光の工事に注目!料金や時間は?

ドコモ光の料金はオプションにも注目

ドコモ光では、便利なサービスをオプションとして追加することが可能です。このオプションのなかには、多くの方が利用する光電話なども含まれますので、必要な方は把握しておきましょう。

オプション①光電話

費用:月額500円+通話料
ドコモ光で固定電話(光電話)を使いたい場合は「ドコモ光電話」をオプション追加する必要があります。
通話料としては固定電話の場合は全国一律8.4円/3分ですが、携帯電話宛ての場合はドコモ宛てが16円/1分、au宛て17.5円/1分、ソフトバンク宛て17.5円/1分となっています。
※ドコモ光電話対象外のプランあり

オプション②テレビサービス

ドコモ光では、映像コンテンツサービスを豊富に提供しています。新型コロナウィルスの影響もあり、自宅で過ごす時間が増えるなか、こうしたサービスを使えるのも魅力です。

ドコモ光テレビオプション

月額750円で地デジ・無料BSをアンテナ不要で視聴できるサービスです。契約の際には、手数料や工事料金が発生しますので事前にご確認ください。

ひかりTV for docomo

月額3,500円で豊富なコンテンツを楽しめるサービス。光回線を利用してテレビやスマートフォンなどの端末で視聴することができます。ドコモケータイ回線をお持ちの方は長期契約(2年)を行うことで月額2,500円で利用可能。
5G端末ではマルチストリーミング機能が開始されたことも話題になっています。
※視聴するためにはドコモテレビターミナルが必要
》ドコモの5Gで最大7番組同時視聴?ひかりTV for docomoを解説

ドコモ光の料金を少しでも安くする方法

これからドコモ光の契約を検討している方で、少しでも安くお得に申込みたいという方は少なくないはず。そこで、ドコモ光を少しでもお得に申し込んで毎月利用する方法を以下でご紹介していきます!

キャッシュバック

契約をする際に、申込む窓口によって独自のキャンペーンを行っている場合があります。
プロバイダ直接の窓口やドコモ光の代理店など、様々な窓口がお得な特典を展開している場合があるため、是非チェックしてみてください。
当サイトでも20,000円のキャッシュバックを行っています。
》現金20,000円だけじゃない!当サイトのキャンペーン情報はこちら!

一番安いのはタイプA

ドコモ光では、プロバイダや使い方によって料金設定が異なります。単独タイプは月額料金としては一番安いですが、プロバイダの契約が別途必要になります。
料金重視で一番安く使いたいという場合には、どのプランでもタイプAが最も安くなっています。しかもタイプAでは、人気の「plala」や「GMOとくとくBB」が選択できるようになっています。
少しでも安くしたいという方は、タイプAを契約するようにしましょう。

工事費無料のキャンペーン

ドコモ光では、2020年6月現在、工事費無料の公式キャンペーンを行っています。時期によって公式キャンペーンの内容は変わるため、是非この工事費無料のタイミングでお得に契約することをおすすめします。
※キャンペーンの期間や内容は変わる可能性があるため、随時チェックしましょう。

工事のタイミング

また、工事のタイミングでも料金を安くする方法があります。それは「工事日を平日にする」こと。基本的にドコモ光の工事日を土日祝日に行う場合、別途3,000円の料金が発生してしまうのです。また、年末年始においても別途料金がかかる可能性があります。
できるだけ平日にすることで、費用を抑えることができるので、可能な方は注意してみてください!

NTT東日本の光電話→ドコモ光電話で月450円お得に

NTT東日本が提供する「ひかり電話」は、月額950円~のサービスとなっていて、そのうち450円が機器使用料としています。ドコモ光電話の場合、この機器利用料を含めて月額500円で提供しているのです。東日本エリアかつマンションにお住まいの場合は、光電話を「ドコモ光電話」にすることで年間5,400円もお得にすることができるでしょう。また、料金明細もドコモ光と一緒にできるので便利です。
※NTT東日本の光でんわのサービ内容として引継ぎできないものありますのでご注意ください。

まとめ

今回はドコモ光に関する料金についてご紹介しました。
少しでも料金を安く抑えたいという場合は、キャンペーン内容や契約の仕方などご紹介した方法を参考にしてみてください!
これからドコモ光を契約しようとしている方、検討中のかたは当サイトの無料相談窓口もおすすめ!ドコモ光のプロが、お答えしております。是非ご活用くださいね!
》ドコモ光にしたら本当に安くなる?契約する前に確認しておきたい場合はこちら
》ドコモ光新規契約で現金キャッシュバック20,000円!
》【モバイルルーター無料レンタル実施中】ネット切り替えや引っ越し時でも使えない期間がない?t

毎月ドコモご利用料金の10%還元

ドコモ光に関するご相談はコチラ

WEBからは24時間オンライン受付中!!

電話予約はこちら Webフォームからご相談

ドコモ光お申込みサイトで、
お得な特典実施中!

あなたにおすすめの記事

ドコモ光の情報サイト ドコモ光情報コラム

ドコモ光情報コラムは、ドコモ光に関する最新情報や、お得な情報、サービスに関することを詳しく解説する情報サイトです。これを読めばドコモ光のことが詳しくわかります。話題の特典、サービスなど注目の情報が満載です。

ドコモ光に関する
お申し込み・ご相談はコチラ

電話予約はこちら Webフォームからご相談

カテゴリ

WEBからは24時間オンライン受付中!!